プリリジーは信頼できる

プリリジーは、なんと世界初の早漏治療薬なのです!でも初めての薬って何かと副作用が出るのでは?と気になる方もいるでしょう。そこで、プリリジーの安全性について紹介していきたいと思います。

2016年08月の記事一覧

プリリジーにもジェネリックはあるのか

早漏を改善させる効果があるとされるプリリジー。まだ日本では未承認の薬ですが、すでに海外では数多くの国で承認、販売されており、早漏に悩んでいる多くの男性の支持を集めています。プリリジーは日本でも一部の専門クリニックや、薬の個人輸入代行サイトなどを通じて購入することができるので、すでに利用をはじめている人も少なくありません。
ただこのプリリジーは先発医薬品ですので、価格が少々高いのが難点です。早漏を改善させる薬という性格上、性行為のたびに服用する必要があり、その頻度が多くなればなるほどコストが高くなってしまうのです。プリリジーを服用すると射精までの時間がそれまでの3倍から4倍にまで延長できるとされているので、できることならコンスタントに利用したいものですが、そのためには購入にかかるコストを削減することも必要になります。
プリリジー購入のコストを抑える方法としては、後発医薬品、いわゆるジェネリックに切り替える方法も有効です。ジェネリックは特許の切れた製法で製造されており、開発費がほとんどかかっていません。したがって価格も低く抑えられており、先発医薬品と同じ成分を含んでいるものを格安で手に入れることができるのです。プリリジーもすでに開発されてから長い年月が過ぎていますので、当然のごとくジェネリックは存在します。もちろんプリリジーと同じ効果を期待できますので、コストを少しでも抑えたい人はこちらを利用してみるといいでしょう。なおプリリジーやそのジェネリック医薬品は、個人輸入代行サイトを通じて誰でも簡単に購入することができますが、副作用や他の薬との併用で起きた身体への影響についてはすべて自己責任となります。商品の内容をしっかりと調べて、慎重に購入することが大切です。

続きを読む

プリリジーを使う時に気を付けたいことって?

早漏を改善するためにプリリジーと呼ばれる医薬品を使用する場合には、用法・用量などといった基本的な点にも気をつける必要がありますが、それ以外にも注意しておくべき点があります。
まず、プリリジーは性行為をはじめる1~3時間ほど前までに服用しなければ十分な効果はでません。また、1回あたりの服用量は30mgとなっており、1日の服用量の上限は60mgとなっています。プリリジーには30mgタイプと60mgタイプの2種類がありますが、もし後者を購入した場合は、普段はピルカッターなどで錠剤を半分に割って服用していくようにしましょう。なお、似たような飲み方をする薬に勃起不全治療薬がありますが、プリリジーはこの治療薬のような食事による薬効の影響はほとんどないため、食事中や食後すぐの時間帯に服用することに問題はありません。用法と用量以外でプリリジーを使う上でまず注意したい点は、副作用です。プリリジーの有効成分であるダポキセチンについては頭痛、めまい、胃のむかつき、嘔吐、下痢などといった比較的軽い症状から、勃起障害、視力低下、てんかん、うつ状態などといった治療が必要な症状まで、多くの副作用が指摘されています。症状が比較的軽度であれば、服用を中断すれば次第に状況が改善されていきますが、治療が必要な症状が出たのであればすみやかに病院で医師に相談しましょう。なお、プリリジーの副作用は、副作用被害救済制度の対象とはならず、治療費用は全額自分で負担しなければならないので、この点も留意しておきましょう。
また、循環器や肝臓、腎臓に何らかの症状があらわれたことがある人や、抗鬱剤や睡眠薬、解熱鎮痛薬などを服用している人は、症状が再発したり、薬の作用の強さに変化が生じるおそれがあるので、プリリジーは使用しないようにしましょう。

続きを読む